アスリート注目のサプリメント バルクスポーツHMBタブレット

筋肉強化サプリメントをお探しの方必見、バルクスポーツ HMBタブレットの特徴や口コミをまとめました

 

気軽で真剣な筋トレならバルクスポーツHMBタブレット

HMBとは、今アスリートの間で注目されているサプリメントです。

 

筋力増強を目時としたサプリメントといえばプロテインを思い浮かべますが、最近爆発的に愛用者が増えているサプリメントがHMBなのです。

 

あのメジャーリーガー、ダルビッシュ投手もHMBで強靭な肉体を作り上げています。

 

さてそんな注目のHMB、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

 

プロテインとHMB、何がちがうのでしょうか。

 

筋力強化用サプリメントを理解する

 

プロテインとアミノ酸、「筋肉をつけるためにはタンパク質、そのためにはプロテイン」と誰もが知っています。

 

ではタンパク質っていったい何なのでしょうか。

 

実はタンパク質はアミノ酸で構成されています。

 

気軽で真剣な筋トレならバルクスポーツHMBタブレット

私たちの体内には約20種類のアミノ酸が存在していますが、それらは体内で合成できるものとできないものに分類されます。

 

合成できるものを非必須アミノ酸、合成できないものを必須アミノ酸といいます。

 

体内で作られないということは、外部からから摂取しなければならないということになります。

 

つまり筋肉を成長させるにはタンパク質が必要、言い換えればアミノ酸が必要ということになるんです。

 

筋トレをして筋肉が成長しようとしたときには通常より大量のアミノ酸を必要とします。

 

でもそれが不足していた場合、体はとんでもない働きをします。

 

アミノ酸の不足分を、今ある筋肉から抽出して必要な栄養素を補おうとするのです。

 

この現象をカタボリックといいます。

 

筋トレしたのに、筋肉が増えるのでなく逆に減ってしまうのです。

 

もうお分かりですね。

 

筋肉増強のためのサプリメントとして、必須アミノ酸は積極的に摂取しなければならないものなのです。

 

HMBとは

 

HMBは、医学界では抗カタボリック剤として使われているものを、筋肉増強に応用したものです。

 

その正体は筋肉成長の主要な必須アミノ酸である、ロイシンの代謝物質です。

 

プロテインを摂取してそこに含まれるロイシンが体内で代謝されてHMBを生成するのであれば、物質として存在するHMBを直接摂取してしまおうという発想です。

 

このメリットは大きそうですね。

 

バルクスポーツHMBタブレットの特徴

 

数あるHMB製品の中でもバルクスポーツのHMBの特徴は、Metabolic Technology社のHMBeta(HMBカルシウム)を原料として使用しているところにあります。

 

これまで数多くの研究機関で研究されてきたHMBはすべてこのHMBetaを原料としてます。

 

すなわち研究で得られたエビデンスは、そのままバルクスポーツのHMBにも適用できるのです。

 

他社HMBで使用の原料には、明確なエビデンスが無いようですので、これは効果が実証されているサプリメントとして大きなアドバンテージになりますね。

 

バルクスポーツのHMBタブレットの飲み方

 

バルクスポーツHMBタブレットには2錠あたり1,000rのHMBが含まれています。

 

一日の服用目安は3,000r、すなわち一日6錠の服用で十分な効果が期待できます。

 

3,000rの成分量をプロテインで摂取するとなると、一日に20杯ものプロテインを飲まなくてはなりません。

 

当然一般の食品から摂取してこれだけの成分量を代謝させることはほぼ不可能です。

 

お手軽なタブレットで必要十分な成分を取り込めることが一番のメリットです。

 

バルクスポーツHMBタブレットの価格やキャンペーン

 

バルクスポーツHMBタブレットはバルクスポーツのインターネットサイトまたはアマゾンから購入が可能です。

 

価格は4,885円(税込み)、30日分の量となる180粒入りですので一日当たり約163円になります。

 

他のHMB製品のように定期購買キャンペーンなどはありません。

 

以前私がしていたトレーニング方法

 

バルクスポーツHMBタブレットに出会う前、は以下のようなトレーニングをしていました。

 

ほぼ毎日ヨガを2〜3レッスン行っています。

 

時間にするとトータル2時間程の計算になります。

 

レッスンの運動強度はメニューによって若干異なりますが、とてもゆったりした内容のものから男性がギブアップするくらいハードなものまで様々です。

 

ゆったりしたものは身体を伸ばすポーズが多い傾向にあるので、筋肉が凝っている時などは運動強度が高いメニューよりかえってきくな〜!と感じます。

 

そしてハード系、パワー系のヨガはもちろん筋肉をしっかり使っていくので疲れますがリフレッシュにもなります。

 

わたしは元々筋肉の付きにくい体質でしたが、毎日ヨガをやるようになってからどんどん筋肉がついて、今ではかなり引き締まった身体になりました

 

以前はZAVASのプロテインを毎日摂取していました。

 

気軽で真剣な筋トレならバルクスポーツHMBタブレット

筋肉が付きにくい体質だったので、プロテインは規定量よりさらに多めに飲むこと、運動後30分以内に必ず飲むことをマイルールにしていましたが、筋肉は頑張っても頑張っても微増程度。

 

少しサボればその微増さえあっという間に振り出しに戻っていました。

 

ちなみにプロテインはいくらかでも飲みやすいという事でホエープロテインを選んでいました。

 

ソイプロテインも最初試しましたが、大豆は好きなのに大豆臭い飲み物はどうしてもダメでした・・・。

 

結局私はプロテインを摂取するより運動頻度が数日に1回から毎日に増えたことで筋肉が増えるようになりました。

 

毎日運動するようになったから食事量は増えたのかというと、かえって減らしました。

 

玄米に野菜ベースで、たんぱく質は大豆ミートや魚、豆腐で確保。

 

よくびっくりされますが、食事の回数は日に1回だけです。

 

この食生活に切り替えてから周囲には最初すごく心配されましたが、よっぽど筋肉も付きやすくなったし体調も良好です。

 

 

専業主婦にオススメなトレーニング!

 

ウォーキングは特に決まったコースはなく、普段の買い物に徒歩で行ったり、ついでに少し遠回りをしたりと約1時間程を目安に週に2〜3回行っています。

 

iPhoneの万歩計機能を利用し、1万歩を目標にしています。

 

自宅での筋トレは、椅子に座った状態から片足で10回立ち上がるという動作を左右10回ずつを2セットを朝晩行っています。

 

スポーツジムでの筋トレは、出来るときは週に1回ですが、近所の市民体育館内にあるトレーニングルームで約1時間行っています。

 

気軽で真剣な筋トレならバルクスポーツHMBタブレット

具体的な内容は、ウォーキング15分、筋トレマシン20分、ランニング30分という感じです。

 

筋トレマシンは、腹筋、背筋、二の腕を中心にバランスよく行うようにしています。

 

夕食のみにはなりますが、肉、魚、野菜をバランスよく食べるようにしています。

 

私は肉料理が好きなので、ついつい肉料理が多くなりがちなのですが、肉料理の時は野菜も多めに取るようにし、肉料理が2日続いたら必ず魚料理にするとルールを決めています。

 

もともと私は太りやすい体質なのですが、現在は専業主婦のため家にいることが多く、間食をしがちなので出来るだけお菓子を食べないよう、寒天ゼリーを常備し空腹時と食事前に食べるようにしています。

 

寒天ゼリーは、ジュースやコーヒー、炭酸水など味を変えて作っています。

 

寒天自体はカロリーゼロなので、お菓子を食べるよりずっと体に良いと思います。

 

もともと便秘ではなかったですが、寒天を食べ始めてからお通じがさらによくなり体が軽くなったような気がします。

 

更新履歴